2007年09月26日

オールデン コードバン

馬のお尻の革 その中でも中心部分の一番丈夫でなめらかなところ
を"コードバン"と呼びます

コードバンは強く耐久性を持ち 使い込めば使い込むほど味が出る
不思議な革です。

現在 生産量は年々減少を続けていて私達の目に触れる機会も
非常に少なくなっているのが現状で コードバンは 高価で
希少な幻の革となっています。

そしてオールデン コードバンの靴に利用されている革は特殊な
製法によるもので 昔ながらの皮なめしと仕上げのしかた
そして純天然植物タンニンでなめし仕上げは手作業による

着色と つや出し それらの全作業を完了するまでには 
5ヶ月という長い時間をかけています。

この製革に適しているのは大型の役馬のでん部の皮だけですが、
現在では農作業の機械化のあおりを受けて 農作業用の馬の数は
近年減少しており、その生産も限られたものとなっています。

この高度な製革技工がどうやって アメリカに伝わってきたか
わかりませんが ドイツ系の移民がこの伝統を持ち込んだのが
その始まりのようです。

以後、この技工はアメリカにおける少数の皮なめし工により
受け継がれ、現在へと伝えられました。
今日では、純粋なコードバンの皮なめし技工はまさに「幻の技」と
言えます。

事実、アメリカ国内で最高級のコードバンの製革を行う職人は
数人を残すだけとなっており、その製作量も限られたものと
なっています。

コードバンの靴の魅力は、その美しい色調と光沢だけでなく、
丈夫で履き心地の良いことにあります。

純天然植物タンニンでなめした革は、履く人の足の形に良く
馴染み、時を経て、磨かれるたびにその古つやの美しさが
増すといわれています。

オールデン コードバン
(ALDEN 1340)



タグ:コードバン
posted by オールデン at 00:46| オールデン コードバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。